セキュリティの重要性を把握することが大切です

飲食店のセカイ

無料化

決済手数料の無料化への動き

通信販売等によって商品の購入はサービス利用を行った際に支払いをする方法としてクレジットカード決済は便利なものです。銀行振込やコンビニ決済、代金引換などのサービスがあるものの、カード情報を入力するだけで決済が可能なクレジットカード決済に利便性で適うものはないでしょう。 しかし、それが代行業者によって行われている場合には特にクレジットカード決済について手数料がかかるのが一般的です。しかし、新たな傾向としてその決済手数料の削減や無料化の流れが生まれてきています。消費を促すことによる経済効果を期待する流れからも今後はクレジットカード決済手数料の無料化の方向性が強まっていくと予想されます。その一方で、サービス強化によって有料のサービスも生存競争を続けて行くでしょう。

決済手数料無料の代わりに生まれるもの

クレジットカード決済を利用する側の立場からすれば少しでも決済手数料が少ない方がよいと考えるものです。そのため、事業者側としても消費者側としても決済手数料がかからないサービスを利用したくなるでしょう。しかし、代行業者を利用する場合にはほぼ確実にどちらかには手数料が発生し、それによって代行業者が利益を得ている点には注意が必要です。 ただし、近年生まれてきているクレジットカード決済の手数料無料化への動きは、両者からの手数料の無料化への動きでもあります。決済に使用するシステムにおいて広告表示を行ってその広告料から代行業者が収入を得るといった方法がとられています。そういった広告が煩わしくなる分、消費者側からすれば事業者側が手数料を払っている快適な決済サービスがあればそちらを好む可能性もあることは念頭において選ぶことが必要になるでしょう。